無職でもお金を借りる方法

無職でお金を借りるのは難しいですが、不可能ではありません。ただし、あまりに簡単に貸してくれる業者には注意が必要です。

無職でもお金を借りる方法(1)

貸金業法の改正によって総量規制がかかったり、過払い金の請求が一般化するなど、お金を借りる上での安全面は以前よりも増していますが、それに伴って各貸金業者の審査基準も厳しくなっており、以前よりもお金を借りにくくなっています。 特にお金を借りにくくなっているのは無職の人でしょう。 以前は無職でも借りられるケースがありましたが、最近は消費者金融各社も無職の人に対する貸付を行うことは無くなりました。 何らかの信用を担保にお金を貸すわけですから、仕事を持っている人よりも信用力で劣る無職の人がお金を借りにくくなっているのは仕方がないことですね。 では、無職の人は絶対にお金を借りられないのでしょうか? 実は無職の人でもお金を借りられるケースはいくつかあります。 まずは無職でも専業主婦、という場合です。 この場合、夫がサラリーマンや公務員などで安定した収入が一定以上あることを証明できれば、消費者金融各社で融資を受けることが可能です。 借りられる金額の上限はさほど高くありませんが、ほぼ確実に借りることができるでしょう。ただし、その場合に消費者金融から夫に確認が入りますので、夫に内緒で勝手に融資を受けることはできません。 次に無職でも何らかの収入があるケースです。 例えば脱サラして専業のトレーダーになった場合などですね。 この場合、株やFXなどの収入が一定以上あることが証明できればそれを担保に融資を受けることは可能です。 消費者金融各社でも審査が通ることが多いですし、銀行でも融資担当者の判断によっては融資を受けることが可能です。 専業主婦でもなく、何らかの収入も無い無職の人の場合は、通常の方法では融資を受けることは不可能です。 きちんと届出を出していないヤミ金融であれば借りられるかもしれませんが、法外な利子を請求される場合が多いですから、ヤミ金融を利用するのはお勧めできません。 無職で収入がない状態でどうしてもお金が借りたい場合は、まずはアルバイトをするのがおすすめです。 一般的な消費者金融では1~2ヶ月分の収入があればアルバイトでも融資を受けられますから、とりあえず1ヶ月間はアルバイトをして給与をもらうのが一番簡単な方法です。 また、中にはアルバイトや派遣会社に登録をしているだけでも"仕事をしている"と見なして審査が通るケースもありますから、そこから始めてみるのも良いかもしれません。 ただし、いずれの方法でも無職の人が借りられるお金の上限は低いですし、金利も高めに設定されますから、有利な条件でお金を借りることは不可能に近いと言えます。

無職でもお金を借りる方法(2)

一般的に、サラリーマンや公務員など安定した収入が証明できる人は低い金利で高い金額を借りやすく、反対に安定した収入が無い人は高い金利で低い金額しか借りられません。 銀行を始めとして各消費者金融でも融資の際の審査が厳格化している近年では、以前よりもお金を借りにくくなっていると言えます。 特に無職の人は通常の方法ではお金を借りることはほぼ不可能と言って良いでしょう。 中には無職の人でも融資します、という宣伝文句を街中で見かけますが、そういった業者すべて怪しいです。 お金を貸す=信用を担保にする、ということですから、何も担保の無い無職の人に対して無条件でお金を貸すという時点で怪しいのです。 そういった業者はすべて正規の貸金業者の登録をしていないヤミ金融と言われる業者ですから、一度借りたら非常に高い金利を請求されますから、利用してはいけません。 その他、無職の人を狙う方法としては、クレジットカードのショッピング枠の現金化があります。 これは手持ちのクレジットカードのショッピング枠で指定の商品を購入させて、それを業者が低額で買い取ることで現金化する方法ですが、もちろん違法ですし、クレジットカードで購入した代金を結局自分で支払うのですから、最終的に借金だけが残る形になります。絶対に利用してはいけません。 もしも既にクレジットカードを持っている場合は、ショッピング枠の現金化などではなく、クレジットカードのキャッシングを利用するのが無難です。 どの信販会社のクレジットカードでもコンビニATMなどでキャッシング(借入)ができる機能が付いています。 借りられる金額の上限は低いですが、消費者金融で借りるよりも金利が低いですから、もしもクレジットカードを持っていればこの方法を使えばお金を借りられます。 また、例え現在無職の状態でも次の仕事が既に決まっている場合は見込み収入があるとして審査に通るケースもあります。 審査基準は各金融業者によって異なりますし、担当者ごとでも変わる場合があるので、一度審査に落ちた場合でも再度審査を受ければ通ることもあります。 審査ではいかに自分に信用力があるかを証明できるかがポイントになります。 今後働く見込みもなく、貯蓄も収入も無い無職の場合は、お金を借りることはほぼ不可能です。 アルバイトをするか派遣会社に登録をする等をすればかなり審査に通りやすくなるので、短期間でも仕事をすることが重要です。 もしこれすらも出来ないようであれば、単純ですが家族にお金を工面してもらうのが良いかもしれません。

お金を借りた体験談